ホワイトチョコガナッシュの抹茶ケーキ

大好きなホワイトチョコレートのガナッシュと、抹茶の優しい香りが口の中いっぱいに広がる、コーヒーにぴったりのケーキ。

ホワイトチョコレートの甘さに負けないように、いつもよりちょっとだけ存在感のあるスポンジに仕上げました。

アムウェイのお鍋(小ソースパン)で作るレシピです。

材料

  • スポンジ
    卵 Mサイズ2個(98g)
    細目グラニュー糖…60g
    薄力粉…60g
    抹茶…小さじ1
    エサンテ油…10cc
  • ガナッシュ
    ホワイトチョコレート 1枚(45g)
    生クリーム…35cc

 

小ソースパン ケーキモード中

焼けたら取り出し、ケーキクーラーに乗せてケーキフードをかぶせておく。

適度に湿気が逃げるように下を開けておく。

スポンジが冷めたら、デコレーション用の生クリームとホワイトチョコレートを、インダクションレンジの保温モード45℃でなめらかにとかしスポンジにかける。(温度が低くチョコレートがかたそうな場合は50℃にする。)

温度が高すぎるとスポンジケーキの上から流れ落ちやすくなるため、少し冷ましてからかけると良い。

チョコとナッツのリングパン おぼえがき

【材料】

強力粉(春よ恋) 200g
きび砂糖 10g
塩 3g
スキムミルク 10g
卵 1/2個(22g) + 生種 21g + 水 =計125g
バター 20g
チョコレート 60g
ヘーゼルナッツ 6~7粒
塗り卵

上記配合では、手ごねの場合はぬるま湯、FPなら水。

フードプロセッサーを使ってこねる場合でもまとまるまではボウルがおすすめ。

油脂を入れる際は、生地をコネ台などに出し、なじませてからフードプロセッサーに入れて再度こねるのがおすすめ。

焼成は170℃15分 + 200℃2分 + 220℃5分

次は初めから少し高めの温度で焼いてみるといいかも。

(シュガートップもあり)

パリの石畳ケーキ(小ソースパン)

 

アムウェイのお鍋(小ソースパン)で作るレシピです。
(中フライパンで作るレシピはこちら

ソースパンでもインダクションレンジのケーキモードで焼けるように工夫しています。

仕上げのシロップにはメイプルシロップを使っていますが、なければハチミツでも代用できます。その場合ハチミツは少し控えめの方が良いかと思います。

材料

さつまいも・・・小さめ1本 (正味150g)
バター・・・10g
全卵・・・2個 (約110g)
グラニュー糖・・・60g
小麦粉・・・60g
エサンテ(油)・・・大さじ2/3(10cc)

<シロップ>
生クリーム・・・50cc
メープルシロップ・・・50cc

下準備

小ソースパンは3層なのでケーキモードで焼くと焦げ目が強くなります。

アムウェイ製品の配送で使われている緩衝材の紙を、数枚(5枚ほど)重ねてホチキスでとめて、小ソースパンの底面に合うように丸くカットします。

その上にクッキングシートを敷いて下さい。

作り方

  1. さつまいもを1cmの角切りにして水にさらし、アクを抜き水を切っておく。
  2. 中フライパンにバターとさつまいもを入れて炒め、紙とクッキングシートを敷いた小ソースパンに移し平らにする。
  3. FP(フードプロセッサー)にウィスク(泡だて)をセットし、全卵とグラニュー糖を入れて10分泡立てボウルに移す。
  4. 3に小麦粉を2~3回に分けて振るい入れ、その都度混ぜる。エサンテも同様に混ぜる。
  5. 2の小ソースパンに4のスポンジ生地を流し込み、IR(インダクションレンジ)のケーキモード中で焼く。
  6. 5が焼けたら皿やケーキクーラーに逆さに取り出し、まだ温かいソースパンに生クリームとメープルシロップを入れて一煮立ちさせ、ケーキにかけてソースを染み込ませる。

=コツ=

  • エサンテ(油)の代わりに溶かしバターでも美味しいです。その場合、若干ですが重めのスポンジになります。
  • さつまいもは小さめのさいの目の方がきれいに見えるような気がします。
  • アク抜きは丁寧な方が、さつまいもの色がきれいです。
  • ケーキモード中で焼いていますが、卵やさつまいもの大きさ、量、好みの焼き色によって変わると思います。足りない場合は、170℃で数分様子を見ながら足してください。
  • 焼きあがったらフタをとり鍋を振って熱を逃がすと、スポンジの縮み・凹み防止になります。
  • シロップをかける際にはケーキクーラーの上でかけ、下に落ちたシロップを再度ケーキにかけます。
  • 焼きたての温かいケーキもいいですが、私はスポンジの水分が落ち着いてからの方が好きです。

手作りツナ

アムウェイのお鍋を使ったレシピです。

 

=材料=(作りやすい分量)

まぐろ(刺し身用・さく) … 2 さく
塩 … まぐろの重量の 2%
ローズマリー … 4 枝
タイム … 8 枝
ローリエ … 2 枚
オリーブオイルまたはエサンテ … まぐろが浸る程度
にんにく … 2 片(つぶす)
粒こしょう(黒・白・ピンク) … 適宜

 

=作り方=

  1. まぐろに塩をふり、乾燥しないようにラップをして冷蔵庫に30分~ 1 時間おく。
  2. 1 を取り出して水気をキッチンペーパーで拭き取り、 ポリ袋に、マグロ、ローリエなどのハーブ、にんにく、粒こしょうを入れる。
    さらにオリーブオイルを注いで、空気を抜いて袋の口を結ぶ。
  3. 鍋に水を入れ、IR(インダクションレンジ)の保温機能70℃で30分+そのまま冷めるまで。
  4.  粗熱が取れたらオリーブオイルごと保存容器に移し、 冷蔵庫で冷やして完成。

★オリーブオイルに漬けたまま約 1 週間冷蔵保存可

マグロは加熱用の血合いの部分でも美味しく出来ました。
塩の量は2%となっていますが、あまり気にしなくても大丈夫でした。
ハーブはローリエだけでも可。
オイルはクセのないものの方がいろんな料理に使えるので、私はオリーブオイルでなくエサンテを使っています。

ふんわり塩パンの覚え書き

=材料=

準強力粉(リスドォル)…250g
ドライイースト(赤サフ)…3g
きび砂糖…5g
天然塩…5g
スキムミルク…13g
水…150g
バター(食塩不使用)…25g

フィリング
バター(有塩)…1個あたり5〜10g好みで
岩塩(粗目)…適量

=作り方のポイント=

この生地は手捏ねしたので、フードプロセッサーを使う場合は、水分量を調節。

この配合で今回は7個に分割、1個あたり62〜63g。

焼成はオーブンで220度13分。

れんこんのさっくり南蛮

=材料=

蓮根…200g
片栗粉…適量
油…少量

・タレ
しょうゆ…大さじ1
酢…大さじ3
みりん…大さじ2
豆板醤…小さじ1/4
生姜汁…小さじ1

=作り方=

  1. 蓮根は皮付きのまま1cmの厚さに輪切りにし、片栗粉を薄くまぶし、少量の油でフライパンで揚げ焼きにする。
  2. 小鍋にタレの材料を合わせ火にかけ、煮立ってきたら蓮根にかけて完成。

パリの石畳ケーキ(中フライパン)

アムウェイの中フライパンで作るレシピです。
(小ソースパンで作るレシピはこちら
何度も作って、きれいに美味しく仕上げられるようにレシピを改良しました。

仕上げのシロップにはメイプルシロップを使っていますが、なければハチミツでも代用できます。その場合ハチミツは少し控えめの方が良いかと思います。

材料

さつまいも・・・中1本 (正味275g)
バター・・・30g
全卵・・・3個 (約160g)
グラニュー糖・・・100g
小麦粉・・・100g
エサンテ(油)・・・大2

<シロップ>
生クリーム・・・80cc
メープルシロップ・・・80cc

作り方

  1. さつまいもを1cmの角切りにして水にさらし、アクを抜き水を切っておく。
  2. クッキングシートを敷いた中フライパンにバターをとかし、さつまいもを加え平らにならし蓋をして170℃で3分加熱する。
  3. FP(フードプロセッサー)にウィスク(泡だて)をセットし、全卵とグラニュー糖を入れて10分泡立てボウルに移す。
  4. 3に小麦粉を2~3回に分けて振るい入れ、その都度混ぜる。エサンテも同様に混ぜる。
  5. 中フライパンに4のスポンジ生地を流し込み、IR(インダクションレンジ)のプレート170℃で13分焼く。
  6. 5が焼けたら皿やケーキクーラーに逆さに取り出し、まだ温かい中フライパンに生クリームとメープルシロップを入れて一煮立ちさせ、ケーキにかけてソースを染み込ませる。

 

=コツ=

  • エサンテ(油)の代わりに溶かしバターでも美味しいです。その場合、若干ですが重めのスポンジになります。
  • さつまいもは小さめのさいの目の方がきれいに見えるような気がします。
  • アク抜きは丁寧な方が、さつまいもの色がきれいです。
  • 焼き時間は卵やさつまいもの大きさ、量、好みの焼き色等によって変わルと思いますが、だいたい13〜15分くらいでいいと思います。(写真は13分)
  • 焼きあがったらフタをとり鍋を振って熱を逃がすと、スポンジが縮み・凹み防止になります。
  • シロップをかける際にはケーキクーラーの上でかけ、下に落ちたシロップを再度ケーキにかけます。
  • 焼きたての温かいケーキもいいですが、私はスポンジの水分が落ち着いてからの方が好きです。